So-net無料ブログ作成

フリーターユニオンの通信その29を発行しました。 [組合活動]

丸田バイオリン.jpg


今、 FUFではシン・ゴジラよりも「レク」がアツい? なぜか「レクレクレクレクレーション特集」


2016.10.8 第29号通信を発行しました。
購読者のみなさんには、ぜひ感想などをお願いします。
カンパ購読費もお願いします。

一度読んでみたい方、どうぞ電話でもメールでも、お近くの組合員にでも!
御代は読んでみてから(笑

ためになりますよ~


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以下、立ち読みコーナー

本当に必要で強い労働組合をめざす
 だから誰でも疲れたらきんしゃい。困ったらおいで!
                         


  リトル東京とまで言えるかわからないがそんな場所に似つかわしくなく、福岡市中央区ど真ん中にFUF事務所は60平米ほどのワンフロアがいつも雑然としてそこにある。組合員は雑然さなど気にせず、それを楽しみ居心地のよさとしている。(私は掃除したいけど)
労働生存組合と名乗って暗中模索で駆け抜けてきたこの10年、ほんっとにさまざまなことをチャレンジしてきたし、さまざまな人が通り抜けてきた。そんな通り過ぎていったものたちが、FUFに惹きつけられるようにやってきて自らの求める生き方を試行錯誤して、遠ざかってみたり居ついてみたり、また戻ってきたり。労働組合運動と一言で言っても、その切断された歴史において、今の20代30代にはメディアの情報でさえ届いていないし、そのイメージすらない。
 今回10年経てのFUFが今また「レクレーション」ということをまんま掲げて企画。集まって、食べて、しゃべってというごくごく「当たり前のこと」の取り組みが、ある意味新鮮で初めてとも言える。イベント後の交流会などで飲み食いしておしゃべりするそれとは違うものだ。
 これを「1年通してやりとおしたい」と買って出てくれたのは、もう2年前になるか、介護事業所でパワハラ的に解雇に追いやられて、団交でも解決せず、とうとう労働委員会の救済申立ての場で完全勝利的解決を勝ち取ったTさんだ。彼女は絶対「泣き寝入り」しないと、会社の前でビラまきをしたいと主張した。そんなTさんが双子の子供やつれあいまでまきこんでFUFにはまってしまったのだ。
 彼女の闘いにつきあいながら「ああ、闘うってほんと、当事者はしんどいなあ」としみじみ思いつつやってきた私だが、本当にそうだ。いまや「闘う」ことはしんどすぎる、職場でいかにストレスとうまくつきあうかといった対処療法しかできないのが現実だ。そんなとき、まず疲れた心と体を癒そう!というこれまた「ごく当たり前のこと」だ。そしてそれを一人じゃない、労働組合という場所で!第2弾は自分のバイブルとするような(?)1冊の本を紹介するというテーマつきだったが、そのときも雑然としたなかで、それぞれの思想哲学の根ざすところが垣間見えるものとなっていた。
 意味がなければ生きていけない、これもまた「当たり前のこと」。小難しいことではなく、人が生きていく最低限度の死守すべきことなんだと、これを労働生存組合運動としてちまちま細々やっていこう。そんな力が一人ひとりに少しずつ蓄えられたら「われわれは闘う!」そしてそれは案外と簡単だから。非のある会社や経営者に対して労働組合が勝利するのはこれまた「当たり前のこと」だから!われわれは、なるべく闘い、楽観的に勝利するまでぼちぼちいくよ。




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。