So-net無料ブログ作成

管理職の労働時間管理 [ニュース記事など]

だれが誰の労働時間を管理するのか?!
自己管理とは、自己責任ではないけれど、法のない組織で、誰が誰をどう管理するのかわからなくなっている社会で、自分自身で自分を守るためのワークルールを学ぶしかない。学びましょう。共に!
いつもで、フリーターユニオンへ学びに、相談に来てください。



労基署、関電社長出頭させ指導 課長過労自殺問題で

2017年01月16日 02時08分 西日本新聞


 運転開始から40年を超えた関西電力高浜原発1、2号機(福井県)の運転延長を巡り、原子力規制委員会の審査対応をしていた同社課長職の男性が過労自殺した問題で、厚労省敦賀労働基準監督署が関電の岩根茂樹社長を出頭させ、全管理職の労働時間を適切に把握するよう求める指導票を交付していたことが15日分かった。関係者が明らかにした。

 労働基準法上の「管理監督者」は労働時間の制限を受けず、残業代の支給対象外で、労務管理がおろそかになりがちだとされる。一般労働者でなく、管理職の勤務実態の調査を求めるのは極めて異例。大企業のトップに長時間労働見直しを直接要請した形となった。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。