So-net無料ブログ作成
検索選択

ヤマト運輸をパワハラで提訴 「死ね」暴言で従業員が自殺 [ニュース記事など]

未払い賃金や長時間労働で、働き方の見直しを迫られているヤマト運輸。
長時間労働そのものがパワーハラスメントであるといえるが、それを強いている背景には暴言や暴行が潜んでいるというのも真実。
フリーターユニオンもかつて、九州での営業所と交渉をもったが、担当は「暴力は絶対にあってはならないし、わが社にはない」と言い切っていたが・・・・・。

命を奪われて裁判を起こして闘うことのどれだけのしんどさか、早急にヤマトは過ちを認めて欲しい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「死ね。パワハラ受け自殺」ヤマト元従業員の遺族が提訴

 ヤマト運輸の長野県内の営業所従業員だった男性(当時46)が2015年1月末に自殺したのは、当時の上司のパワハラが原因だったとして、遺族が、同社と当時の上司に慰謝料など約9500万円の損害賠償を求める訴えを長野地裁に起こした。遺族の代理人の弁護士が31日午後に記者会見し、発表する。

 提訴は2月28日付。代理人弁護士によると、元従業員の男性は、12年秋ごろから自殺した15年1月までの間、当時勤めていた営業所の上司から「死ね」などの暴言や暴行などのパワハラを受け、精神障害を発症、自殺した。15年8月、遺族が県内の労働基準監督署に労災を申請。昨年3月に労災認定を受け、遺族補償年金が支給されているという。

 第1回口頭弁論は、4月28日に予定されている。

(朝日新聞デジタル 2017年03月31日 03時39分)
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。