So-net無料ブログ作成
本や映画などの紹介 ブログトップ
前の10件 | -

『労働者階級の反乱 地べたから見た英国EU離脱』 [本や映画などの紹介]

光文社のHPからまんま貼り付けました。すみません。

とうとう新書まで出してしまったようですが、素晴らしい、えらいなあ。
ぜひ、読みたい本です。
フリーターユニオンに関心ある人もない人も(笑)必読の著書。




労働者階級の反乱 地べたから見た英国EU離脱 ブレイディみかこ/著

全世界を驚かせた2016年6月の英国国民投票でのEU離脱派の勝利。海外では「下層に広がった醜い排外主義の現れ」とする報道が多かったが、英国国内では「1945年以来のピープル(労働者階級)の革命」と評す向きも多かった。世界で最初に産業革命を経験し、最初に労働運動が始まった国イギリス。そこでは労働者たちこそが民主主義を守ってきた。ブレグジットは、グローバル主義と緊縮財政により社会のアウトサイダーにされつつある彼らが投じた怒りの礫だったのだ――。
英国在住、「地べたからのリポート」を得意とするライター兼保育士が、労働者階級のど真ん中から、「いつまでも黙って我慢しない」彼らの現状とそのスピリットの源流を、生の声を交えながら伝える。

目次

まえがき

第I部 地べたから見たブレグジットの「その後」
(1)ブレグジットとトランプ現象は本当に似ていたのか
(2)いま人々は、国民投票の結果を後悔しているのか
(3)労働者たちが離脱を選んだ動機と労働党の復活はつながっている
(4)排外主義を打破する政治
(5)ミクロレベルでの考察――離脱派家庭と残留派家庭はいま

第II部 労働者階級とはどんな人たちなのか
(1)40年後の『ハマータウンの野郎ども』
(2)「ニュー・マイノリティ」の背景と政治意識

第III部 英国労働者階級の100年――歴史の中に現在(いま)が見える
(1)叛逆のはじまり(1910年―1939年)
(2)1945年のスピリット(1939年―1951年)
(3)ワーキングクラス・ヒーローの時代(1951年―1969年)
(4)受難と解体の時代(1970年―1990年)
(5)ブロークン・ブリテンと大緊縮時代(1990年―2017年)

あとがき

著者紹介

ブレイディみかこ
1965年福岡市生まれ。保育士・ライター・コラムニスト。96年から英国ブライトン在住。著書に『花の命はノー・フューチャー』(ちくま文庫)、『アナキズム・イン・ザ・UK――壊れた英国とパンク保育士奮闘記』『ザ・レフト――UK左翼セレブ列伝』『いまモリッシーを聴くということ』(以上、Pヴァイン)、『ヨーロッパ・コーリング――地べたからのポリティカル・レポート』(岩波書店)、『THIS IS JAPAN――英国保育士が見た日本』(太田出版)、『子どもたちの階級闘争――ブロークン・ブリテンの無料託児所から』(みすず書房、2017年・第16回新潮ドキュメント賞受賞)、共著に『保育園を呼ぶ声が聞こえる』(太田出版)がある。

nice!(0)  コメント(0) 

日本資本主義分析と労働時間 [本や映画などの紹介]

ごくシンプルなテーマである。
この本の第18章「日本資本主義と労働時間」森岡孝二は、マルクス経済学に基づき、シンプルに現在の日本の労働時間問題を解く。
なぜいま、過労死、過労自殺なのか?まるで「女工哀史」の時代と変わらない今を解く。

とどまるところを知らない長時間労働、社会問題と言いつつ、残業代ゼロ法案なるものの登場へと進んでいくこの国は?

シンプルに労働時間を見直し学ぶべし。そのための学問が、経済学者の責務ではないか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


マルクス経済学と現代資本主義   鶴田満彦(中央大学名誉教授)・長島誠一(東京経済大学名誉教授)編   2015年発行

編者の言葉


独占研究会創立50周年を記念する本書が、経済学の規格化・制度化を推進しようとしている一部の経済学者の企図に対して、現状批判的で、自由で多様な経済学の新しい途を切り拓き、さらには、格差と不平等に満ち、維持可能性を喪失しようとしている現状そのものの変革に役立つことを希望している。

nice!(0)  コメント(0) 

ちょっと今から仕事やめてくる [本や映画などの紹介]

『ちょっと今から仕事やめてくる』


現在公開中の映画だが、原作が売れたらしい。
もちろん映画も入ってるよう。

長時間労働、パワハラがここまで「時流」となっている社会。
いったい、なんなんだと思う。

映画を観たり、小説を読むゆとりのある労働者がいるだけでもほっとしますが、
とりあえず映画でも観に行きましょう、みなさん。

そして、誰かに相談しましょう。
もちろん、フリーターユニオンへも。
nice!(0)  コメント(0) 

茨木メーデーにちなんで [本や映画などの紹介]

『わたしは、ダニエル・ブレイク』はチャリティー映画じゃない。反緊縮映画だ。


ケンローチ監督作品。

ケン・ローチ監督の『わたしは、ダニエル・ブレイク』日本公開に際し、日本の配給元を中心とした関係者が、「ダニエル・ブレイク」基金を設立しており、劇場公開鑑賞料の一部が寄付されることになっている。これについて、ケン・ローチはこうコメントしている。

「ひとつだけ付け加えたいのは、ともかくチャリティーは一時的であるべきだということ。ともすると、チャリティーというものは不公正を隠してしまいがちだが、むしろ不公正の是正こそが最終目的であることを忘れてはならない」

出典:シネマトゥデイ

ブレイディみかこさんが、日本語訳をおこなっています。

nice!(0)  コメント(0) 

労働委員会の役割と不当労働行為法理 [本や映画などの紹介]

労働委員会の役割と不当労働行為法理 組合活動を支える仕組みと法


発行は2014年、日本評論社、著者は道幸哲也
ワークルール検定などを推奨してきた方。

このような方ががんばっているからこそ、若い研究者もまだまだ引き継いでいくことができるのだろう。
最近、20代、30代の労働法を学び研究する素敵な女性たちにめぐり合うことができました。
追い求めている限り、それは引き継がれていく、希望となっていくのだと。
学びあいましょう!


nice!(0)  コメント(0) 

電通事件 なぜ死ぬまで働かなければならないのか [本や映画などの紹介]

『電通事件 なぜ死ぬまで働かなければならないのか』旬報社 北健一

46版並製/128頁
定価 本体1,000円+税
発行日 2017年1月25日
ISBN 9784845114948 C0036

いまの日本の働き方を知る必読のノンフィクション!
なぜ過労自殺は繰り返されたのか?
なぜ、電通では、長時間労働が是正されないのか?
『働き方』改革が唱えられているいま、真剣に考えなければならないところまで日本はきている

nice!(0)  コメント(0) 

パンク企画セットリスト [本や映画などの紹介]

12月10日に行われたパンク企画で流れた曲のセットリストです。

1、CRASS:Do They Owe Us A Living?
2、CRASS:Nagasaki Nightmare
3、NO MORE IDOLS:Projeva
4、FUGAZI:Turn Over
5、NO MORE IDOLS:padaš
6、NO MORE IDOLS:Godine
7、HOLLYWOODFUN DOWNSTAIRS:Prastic Fascinations
8、HOLLYWOODFUN DOWNSTAIRS:Maxine Caffeine
9、The Marginal:Negri Negri
10,The Marginal:Hukum Rimba
11、新月灯花「誰かの贅沢で殺されたくはない」

NO MORE IDOLSはクロアチア、HOLLYWOODFUN DOWNSTAIRSはニュージーランド
The Marginalはインドネシア、新月灯花は日本のバンドです。
けっこう、グローバルな視点でやってます。
どれもyoutubeなどで聞くことができます。

第2回も行いますので、心の琴線に引っかかった方は、
ぜひ、足を運んでみてください!


nice!(0)  コメント(0) 

プレイディみかこその2 [本や映画などの紹介]

THIS IS JAPAN 英国保育士が見た日本

冒頭、いきなりフリーター全般労組のキャバクラユニオン、山口素明さんや布施えりこさんが登場!
はい、読むべし。


nice!(0)  コメント(0) 

プレイディみかこ [本や映画などの紹介]

「ヨーロッパ・コーリング」

地べたからのポリティカルレポート

岩波から発行されたプレイディみかこのブログをまとめたような著書。
さてさてこれを読める階層はどのような人々なのかとも思うが、読むべし。
貧民も読むべし(笑

仕事ばっかしててもしかたない。
休むこともできず、働くこともできないこともあるけど、じゃあどうする?

とりあえずフリーターユニオンは読む!(笑

読んで現実と向き合う力を仲間とともに生み出す。

暑さも少しおさまってぼちぼち動いています。
ぼちぼち、事務所で集まって、ぼそぼそ寄り合って、陰謀を企てようと!!

集まって読むべし!
nice!(0)  コメント(0) 

『失業・半失業者が暮らせる制度の構築』 [本や映画などの紹介]

新福祉国家構想3『失業・半失業者が暮らせる制度の構築 雇用崩壊からの脱却』福祉国家構想研究会編

目次

序章 高失業社会の到来

第1章 みえる失業・みえない失業――その歴史・現状と政策の課題 
第2章 漏れのない失業時保障
 補論1 ハローワークの現状と改編の課題
 補論2 雇用労働政策と公的扶助の交錯-ドイツの事例から
第3章 失業時・勤労時の生活を支えるシステム――労働、居住、社会サービス、所得
第4章 近年の半失業と失業時保障

終章 社会保障のすき間の拡大を許さないために

内容説明

きわめて低水準にある日本の失業時保障の歴史と現状を徹底批判。労働市場の危機を救うために、雇用保険制度の抜本改正と「求職者保障制度」の新設など、労働者の総合的な生活保障を提示する。




今朝のニュース記事に下記のように「非正規社員の割合が4割に達した」と報じられているが、何を今更の感である。厚生労働省という国の仕事は、このような実態調査でしかないのか。
あたかも自然発生して、非正規雇用が増大しているかのような口ぶりだ。紹介した著書は、新自由主義的構造による雇用破壊の実態を解明し、すでに福祉国家とは名ばかりの現実を、いかに本当の意味での福祉国
家へと制度改革できるのかを研究。


「厚生労働省が4日発表した2014年の「就業形態の多様化に関する総合実態調査」で、パートや派遣などの非正社員が労働者にしめる割合が初めて4割に達した。高齢世代が定年を迎えて正社員が減るなか、人件費を抑えたい企業が非正社員で労働力を補っている実態が浮き彫りになった。

 調査は1987年から複数年ごとに行っている。今回は昨年10月1日時点。官公営を含む従業員5人以上の事業所約1万7千カ所と、そこで働く労働者約5万3千人にたずねた。回答率は事業所が64・4%、労働者が65・2%だった。

 非正社員の割合は40・0%。民間のみの調査だった前回は38・7%。非正社員の約6割をパートが占め、次いで契約社員や定年後再雇用などの嘱託社員が多い。」


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 本や映画などの紹介 ブログトップ