So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

桐蔭横浜大学で、解雇争議 [ニュース記事など]

fuf組合員でもあり、フリーター全般労組の組合員でもある仲間が勤める桐蔭横浜大学で、二名の教員が解雇され、闘っています。



以下は、フリーター全般労組のブログより転載。

■桐蔭横浜大学は、教員の処分と解雇を撤回しろ不当処分!
桐蔭横浜大学 
教員5名がけん責、2名が即日解雇!!

桐蔭横浜大学スポーツ健康政策学部に在籍する3名の学生が「学生の声」と題する文書を保護者懇談会で配布し、教育環境に関わる窮状を訴えたところ、大学・学園側は、学生を呼び出し、聴取を実施した。(鍵をかけた研究室で、携帯の電源を切らせ、聴取内容記録への署名を強制し、さらに口止め。)強い恐怖を覚えて相談に来た学生の訴えを聞いた教員が、聴取方法に疑問を呈し、2日後行われようとした2人目の学生の聴取を止めようとしたところ、「学長の指示による調査を妨害した」として、5名の教員が懲戒処分(けん責)となった。
大学、学園側は、3月7日に処分無効を求めて提訴した5名の教員のうち2名を「グループのリーダー格」として3月13日付けで即日解雇。翌3月14日以降は、私物持ち出し(許可必要)以外の目的で大学構内への立ち入りを禁止するという異様な対応を行っている。
今回の処分に際しては、処分理由が具体的に示されることもなく、当の本人たちに何の聴取や事実確認も行われないまま、処分が発令されており、手続き的にも極めて問題が多い。
大学・学園の、学生や教員に対する異常ともいえる対応の背景には、大学財務に関わる問題、活動実態がないにもかかわらず会費の代理徴収が続けられていた大学同窓会の問題など、学校法人桐蔭学園の経営に関わる根深い事情がある。
こうした問題を訴え続けた教員を処分することで事態の鎮静化を図ろうとする経営体質はどこかおかしいと思いませんか?処分の撤回と職場への復帰だけでなく、多くの私立大学が抱えるこれらの問題を社会に問いかけ、本来の意味での大学のガバナンスの確立と教育の再生を求めていきましょう!

本件に関する情報は、以下のブログページも、どうぞご覧ください。
「からだ哲学ネットワーク」ブログ http:// karadatetsugaku.seesaa.net/



【毎日新聞記事】
桐蔭横浜大:「処分不当」教員が提訴 学生へ調査中止求め懲戒 /神奈川
毎日新聞 2013年03月08日 地方版

 大学側の一方的な調査で懲戒処分を受けたのは不当として、桐蔭横浜大学(横浜市青葉区)の教員5人が7日、大学を運営する学校法人桐蔭学園を相手に、処分の無効確認を求めて横浜地裁に提訴した。提訴したのは、同大スポーツ健康政策学部の元学部長ら教授4人と准教授1人。

 訴状によると、同大の男子学生3人が昨年10月、教育環境の窮状を訴える文書を保護者会で配布。大学側が学生から強制的に事情を聴き、さらに別の学生にも聞き取りしようとしたため、原告の教員5人が中止を求めた。

 ところが今年1月、大学側は「学長の指示による調査を妨害した」として5人をけん責の懲戒処分とした。処分不当を訴えると、うち2人が解雇10+件予告を通知された。

 原告側は「懲戒理由が就業規則に明確に定められておらず適用は違法。学生への聞き取りは複数の教員が密室で行い人権侵害に当たる」と主張している。

 大学側は「処分は手続きに従って行われたもので、無効にする理由はない」とコメントした。【飯田憲】

.



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。